トップページへ

ご注文はお電話・FAXでも承ります。お気軽にどうぞ
0120-869-896 FAX:03-3945-6297 注文用紙へ

トップ

商品検索

HOME >>  ネフについて

ネフについて

ネフ社について

ネフ(naef)社は、素晴らしいデザインとその完成度の確かさで世界から高い評価を得ているスイスの木のおもちゃの会社である。製造された積み木などはドイツやイタリア、フランス、アメリカ、 日本など世界20カ国以上に輸出(国内30%・輸出70%)され、日本でも子どもから大人まで幅広いファン層に愛されている。

 

naef社設立のきっかけ
ネフ社とは

 

ネフスピール

1958年、家具職人だったクルト・ネフ(Kurt Naef)氏が家具づくりの合間に1つのおもちゃを作った。ネフの記念すべき1つ目のおもちゃとなる「ネフスピール」が誕生したことにより、1962年「ネフ社」が創立して以来、流れゆく玩具業界の中にあって、常に変わらぬ質を維持しながらおもちゃをつくり続けている。


おもちゃと過ごした楽しい30年 Kurt Naef(1987年発行のネフ社カタログより)

ネフ(naef)社とは

美しい形と色、知的な構造としっかりした材料、そして完璧な仕上げが、ゲームとおもちゃの市場における、私たちの国際的な評判の基礎を作り上げています。そして私たちの基本的な考え方に共鳴した数人のフリーデザイナー達と共に仕事をしています。

子どもは、おもちゃで遊びながら感覚を形成したり、磨いたりすることを学びます。子どもは非常に具体的な感覚で、自分の周りの世界を把握する方法を学びます。年齢に適したおもちゃを使うことによって、子どもは器用さを身につけていき、簡単な仕組みを関連付けながら、その基本構造を把握する方法や、思考の論理的なつながりを発達させる方法を学んでいるのです。

さらには、知的な機敏さ(頭の回転の早さ)も発育させます。発達は、遊び始めることによって促進されます。つまりゲームやおもちゃは、人生そのものの独創的な想像力の要素となるのです。

私たちの工場は、バーゼル(Basel)に近いアーガウ州(Aargau)、ツァイニンゲン (Zeiningen)で、1967年から製造を行っています。30名のスタッフは、製品の高い品質を維持するために最大限の努力をしています。全製品の半分以上が最高品質のスイス製玩具として、世界の様々な場所へ輸出されています。

ネフのおもちゃの作り方

多くの工程が手作業と機械で行われ、ロボットは用いられていません。おおまかな加工は木工所で行われ、仕上げ(色付け、組み立て等)はツァイニンゲンの工場で行われます。ネフのおもちゃの品質を決める仕上げには、人の手の繊細な作業がどうしても欠かせないのです。

おもちゃの素材、安全性について

おもちゃの素材

ネフ(naef)社とは

素材はヨーロッパの中で環境に影響がないと認可された森の木のみが使われています。ネフ社で主に使う素材は、広葉樹で硬い木(カエデ・ブナ・ナシなど)で、中でもカエデがよく使われています。カエデの木肌の白さが着色に向いているからです。

ネフのおもちゃの安全性

ネフのおもちゃの特徴である、美しく塗られた塗料は自然の着色料、または自然環境や人体に危害を与えない合成塗料が用いられています。ヨーロッパの安全基準であるCEや、子どもたちにとっての良いおもちゃの基準であるシュピールグートの認定も受けています。

CEとは

ネフのおもちゃの価格について

値段が高いという事は、それだけ品質が良いという事でもあります。制作にはオートメーション化していない手作りの部分が沢山伴います。また、手軽に買えて、すぐに飽きがくるモノを子どもたちに与えているのではなく、何代にもわたって受け継いでいくモノも大切です。そこからモノに対する愛情も湧いてくるのではないでしょうか?

新しい玩具をネフ社に選ぶ時の基準

デザインを広く世界中のデザイナーから募っているのも、ネフの大きな特徴の一つですが、ネフ社では以下のことを基準として商品化しています。

何か新しいことを提供する玩具かどうか?
木を使って作ることのできる玩具かどうか?

 その玩具にとって、木が適切な素材であるかどうか?

同等の遊びができる玩具、あるいは類似品が既に市場に出ていないかどうか?
大きさという観点から、輸送上の問題がないかどうか?
市場に見合った価格で販売することができるかどうか?
どれくらいの投資が必要か?(工具,梱包,説明書など)
特許面で問題がないかどうか?
国際規格に合致した玩具かどうか?
自分たちの顧客にとって適切な玩具かどうか?
外国市場にも出せる玩具であるか?あるいは一定の地域に限った伝統玩具であるかどうか?
デザイナーが、製造技術上必要な変更や、色,寸法変更に同意してくれるかどうか?
もっとも大切なのはデザイナーの人柄。その人物と仕事上、関わっていきたいか、関わっていけるかどうか? 忙しい経営者としては、複雑すぎたり、自惚れの強い人物と仕事をするには時間が足りない。
主な歴代デザイナー
クルト・ネフ(Kurt Naef)
フレッド・フォス(Fred Voss)
ヨースト・ハニー(Jost Hanny)
ピエール・クラーセン(Peer Chahsen)
アルベルト・エネモーザー(Albert Ennemoser)
ヨ・ニーマイナー(Jo Niemeyer)
ザビエル・デ・クリップレー(Xavier de Clippeleir)
ウルリッヒ・ナミスロウ(Ulrich Namislow)
小黒三郎(Sabu Oguro)
相沢康夫(Yasuo Aizawa)
和久洋三(Youzo Waku)
田松昌三(Masami Tamatsu)
水上喜行(Yoshiyuki Mizukami)
フーバー・葵(Aoi Huber)

一見、おもちゃには見えないネフの積み木の魅力

ネフ社(naef)の積み木の魅力

ネフ社の積木は、一見すると積木とは思えない形状をしている。1958年の発売以来、50年以上も世界中で愛され続けているネフ社をいや、20世紀を代表するベストセラーの木のおもちゃとして世界中に知れ渡った今でも、興味のない人には子どものおもちゃとして認識されにくい面も持ち合わせていることも否めない。

確かに一見すると複雑そうだが、ネフ社のつみきは限りなく2.5cmという基尺に基づいて(若しくは倍の5cm)作られており、どの積木も立方体を数学的法則に従って分割してあるので、至ってシンプルに遊べ、さらに自分なりの愉しさを発見しやすい形と言えるのである。

ネフ社の基本姿勢(美しいか? 機能的か? 安全か? 長く遊べるか? 価格は妥当か? オリジナリティは? 流行を追うものではないか?) を踏まえた美しい色彩と優れたデザインや安全性、遊びの多様性などが1958年の発売当初から完成した形で提案されているため、パーツを自由に組んだり積むことは老若男女を問わず楽しめ、夢中にさせる所以なのかも知れない。

どういう形に積んでも、美しくまとまってしまう

とても不思議で魅力的な積木なのです。

もちろん子ども達も・・・

いや、むしろ子ども達の方が「創造力」や「空想力」が純粋で大きい分、おとなよりも遙かに豊かな遊びを沢山するだろう。

ネフの積木の持つ魅力はネフの積木でしか味わう事ができない

確かに安価でないものもが、木の持つ独特の重量感や、職人の手によって何度も何度も丁寧に塗装されて仕上げられた美しい積み木たちは、箱を開けた瞬間から私たちを魅了するだろう。大人をも魅了するおもちゃ・・・・言い換えれば何十年も遊ぶことのできるおもちゃといえるのではないだろうか。限りある資源の利用方法としてもヒントが隠されているように思わされるのである。

Naef Spiele AG(ネフ株式会社)

Untere Bruelstrasse 11
CH-4800 Zofingen
Switzerland(スイス)
Tel. ++41 62 / 746 84 84
Fax ++41 62 / 746 84 80
ネフ社公式サイト

http://www.naefspiele.ch/