トップページへ

ご注文はお電話・FAXでも承ります。お気軽にどうぞ
0120-869-896 FAX:03-3945-6297 注文用紙へ

トップ

商品検索

HOME >>  ネフ社訪問記

ネフ社訪問記

ネフ社(naef)訪問記

Kurt Naef氏訃報に寄せて

ご存知の方も多いかもしれません、

ネフ社の創業者でもあり、偉大なデザイナーでもあるクルト・ネフ氏が12月1日早朝、ツォフィンゲンの病院で亡くなられました(享年80)。

ネフ社を訪ねた際にはお元気そうで、
ミスター・ステッパーを実演してくださったことが非常に印象深く、また最後になってしまいました(下記参照)。

今年は80歳を迎えられ、
KURT NAEFという本を出版され、これからという時だっただけにとてもショックです。

ですが、
ネフさんの素晴らしいデザインや、おもちゃに対する情熱はこれからも受け継がれていくでしょうし、ネフスピールが好きでおもちゃ屋をはじめた僕にとっての使命だとも思っています。

本当に良いものだけを
素材や製法を厳選してモノ創りを最後までしてきた商品や価値を、安易なコピーや安売りで販売するのではなくきちっと伝えて生きたいと思います。

ネフさんのおもちゃが与えてくれた素晴らしい時間、本当にありがとうございました。
心からご冥福をお祈りいたします。

 

2006.12.04
木のおもちゃ woodwarlock   齋藤

ネフ社(naef)訪問記2004

ネフ社は独特のデザインとその完成度の確かさで、世界から高い評価を得ているスイスの木のおもちゃ会社です。2004年10月7日、スイスはツォフィンゲンという町にあるネフ社の工場を訪ねました(2002年にツァイニンゲンという町からツォフィンゲンに工場を引越)。

ご存知のように、1958年、家具職人だったクルト・ネフ(Kurt Naef)氏が家具づくりの合間に1つのおもちゃを作りました。ネフの記念すべき1つ目のおもちゃとなる「ネフスピール」が誕生したことにより、1962年「ネフ社」として創立し、以来、流れゆくおもちゃ業界の中にあって、変わらぬ質を維持しながらおもちゃをつくり続けています。 

現社長のwoodtli氏が不在とのことで、創設者であるクルト・ネフさんをはじめ、製造責任者のフェルバーさんやルーティスハウザーさんが出迎えてくれました。
入口を入ると2mは超える巨大なペンデルと噂の「レインボーカラーのダイアモンド(非売品)」がお出迎え!

すっかりお馴染みのnaef社のロゴ(写真はTシャツ) 初公開!レインボーカラーのダイアモンド

入口の横にある現行品の
ガラスケースには新商品が!

ゲストルームで一通りのお話を伺った後、ネフ氏の作業場(沢山の試作品がありました)やネフの宝ともいえる作品コーナー(今までに発売されたネフ製品が全て飾ってある!)を案内していただきました。

写真でお見せすることは出来ないのですが、でしか見たことがないポキポキ人形・ディスコン・ステッパー・ネフシュート等々、垂涎モノのアイテムが!

ここですでに半泣き状態なのですが、ネフさんがなんと「ミスター・ステッパー」を実演してくださり、その後、ボク達に踊り方(動かし方)を指導してくれました。

2m超える巨大なペンデルがネフ社の入口にありました!

少し休憩の後、メインの工場へ・・・ここからは企業秘密になってしまうので、あまり詳しくかけませんが、

入ってまず驚いたのがどこまでも並ぶ塗装前のネフスピール!50個が1段で上にも横にもひたすら並んでいます。

2000セット以上はあるよ・・フェルバーさんが軽く言いますが、同じようにセラの第4パーツや第6パーツも同じように山積み・・・いやはや、圧倒されます。

ミスター・ステッパー実演

先へ進んでいくとセラの組立工程です。パーツそれぞれの接続位置が狂わないように特殊な型を使い、熟練の職人さんが一つ一つ機械を使って圧着しています。

その並びではエリプソが組み立てられています。ジュバと同じザビエル・デ・クリップレー作品ですがゴムを使わない特殊パーツ(完成品では見ることが出来ない)が興味深く、45度の楕円カットも見たかったのですが、こちらの工場では行われていないようでした、残念。

ここからは塗装行程に移ります。
塗装室の中と外をスキーリフトのような装置がアングーラを乗せてグルグルと回っています。外では乾燥行程を担う女性、中にはスプレーガンを持つ1人の男性・・ん?
ラッカーの匂いがキツイのにマスクすらしてない!
驚いているボク等にガンを持つ男の人が手招きします。恐る恐る部屋に入ると・・・匂わな〜い!ってか、無臭?

コレには凄い仕掛けがあって、床に強力なバキューム(商品は吸い込まれません(笑))が設置されていて、作業する人に影響がないように、ラッカーが舞い上がらないようになっています(99%以上カット)。その為、マスクがなくても害なく作業が出来るのでした。

naef製造責任者の面々 ネフさんと記念撮影 メッセで配られた
50周年記念のチョコレート!

垂涎モノのアイテムが集合 美しいショールーム

ちなみにヨーロッパでは油性ラッカーは完全に使用不可で、全て水性ラッカーが使われます(EN-71)。ネフ社ももちろん、この条件をクリアしていますが、職人による手塗りは凄いですよね!

工場見学が終わって、工場の入口にあるショールームへと進みます。現行品(一般の人もクリスマス前の限定期間中に直接買うことが出来る)やノベルティーなどの

巨大なカウリング白木が
ドアストッパーに!?

ノベルティーの一例

50周年

特注品(ミルカ社のスイスの牛が有名→詳細はネフ本)があり、POPとして巨大なカウリングがありましたが、重くて重くてとても持ち上げることが出来ませんでした(笑)。

この後、ネフの皆さんと食事に出かけるのですが、
ルーティスハウザーさんの話では来年(2005年)はネフ社50周年・・ということで、色々なことを計画しているとのこと、
ますます目が離せませんね!

嬉しいことに、ネフの公式HPにも今回の訪問のことが掲載されています♪

蛇足:ネフカタログリグノなどに写っている男の子はルーティスハウザーさんの息子さんです。